考えられる病気|薄毛のせいで髪型が決まらない女性必見!植毛技術で自信を取り戻す

目のクマは病気が原因の可能性もある!考えられる病気とは?

考えられる病気

婦人

肝臓や腎臓疾患

肝臓や腎臓の働きは、カラダの中に溜まっている老廃物を綺麗にするといった働きや解毒作用といった働きがあります。また、血液をキレイにする働きもあるため腎臓や肝臓が悪くなってしまうとカラダの調子が悪くなってしまうと言われています。例えば、腎臓や肝臓の機能が低下することで、血液が汚れやすくなってしまい目のクマが出るという症状が現れます。腎臓が悪い場合は黄疸・肝臓が悪い場合は浮腫が酷くなります。
精神病が原因で、目のクマが目立ちやすくなってしまう場合もあります。例えば、うつ病の場合自律神経が乱れることで眼輪筋や口輪筋周りの筋肉に血液が届きにくくなってしまいます。そうなってしまうと、目や口の周りが青白くなり、青グマという症状が現れます。青グマ以外にも、無気力・気分が落ち込んでいる状態・不眠といった症状も現れるため、当てはまるという人は早めに精神科を受診しましょう。

種類を判断する方法

目のクマには3つの種類があります。3つのクマは、それぞれ原因が異なるため原因に合わせた治療が必要と言われています。例えば、茶グマはメラニン色素が過剰に作られてしまったことが原因による色素沈着が原因です。目尻を軽く引っ張っても、色が変わらないという場合は茶グマの可能性が高いでしょう。青グマは、血行不良・寝不足・貧血などが原因になっています。青グマの場合、目尻を軽く引っ張るとクマの色が薄くなるという特徴があります。黒グマの場合は、たるみや皮膚のヘコみなどが原因と言われています。上を向いたときにクマの色が薄くなる場合は、黒グマの可能性が高いでしょう。

広告募集中